フィットネスの必要性

物理的な活動量が少ない生活は、簡単に精神的や肉体的な状態を悪化させます。
そのため簡単に病気を発生させることになります。
適度な運動により、良好な状態で心と体を維持することができます。
物理的な活動量が不足してきた場合、心臓疾患や高血圧、動脈硬化や自律神経不安定症候群が起こりやすくなります。
しかし、これらは定期的な運動によって防ぐことができます。

日本における赤ちゃんの死亡率は減少し感染症も激減しています。
そのため世界でも誇れるほどの長寿国になった。
一方で、生活習慣病による死亡率というものは増加しています。
また、高齢化社会の到来によって国民医療費の増加しています。
そのことは社会問題にまでなっています。
現在、運動やフィットネスによって健康回復を図ります。
また、フィットネスで健康の維持と増進というものも各個人にとっても社会にとっても大変重要なものおとなっています。

つまり、このフィットネスはこれからの社会において重要なものになってくると同時に国として取り組むひつようが出てくるかもしれません。
なので、どんなにいまは健康でも後々影響が出てくるかもしれませんので早い内からこのフィットネスに関して取り組むことが大事です。

フィットネスとは?