フィットネスの本

今回はフィットネスの指導者を目指している人向けの書籍というものを紹介します。
『フィットネス指導者のためのキネシオロジー』というものです。

この本の特徴としては、
・JAFA公報「HEALTH-NETWORK」に好評連載の43回の人気なシリーズを再編集しています。
関節の動きや主働筋の一覧も追加しています。
・写真やイラストなどが豊富に図表としてのっています。
この依イラストなどはオリジナルのソフトである「骨Navi」および「筋Navi」の3DCG写真を使用しているので実例は分かりやすいです
・運動科学の観点から次の質問に簡単に説明しています。
・がにまたは修理されますか?
・フリーウエイトとマシンをつかった時の結果の差はありますか?
・高齢者墜落防止のトレーニングの方法は?
・肩関節の障害予防のコンディションエクササイズって?
・スクワットの時の主動筋は何ですか?
・大腿四頭筋はなぜ「四頭筋」なのでしょうか?
・「腕立て伏せ」を指導する場合に気を付けたい特異性の原則って何?
・腰痛体操って?
さらに、関節包、十字靭帯、挫骨神経、仙腸関節など、さらに知るべき解剖の知識についてもカバーしています。

かなり濃厚な無いようになっています。

フィットネスとは?フィットネスのグッズ